見苦しすぎてゴミ箱に捨てたい足立康史

まず、こちらのツイートを見て貰いたい。

日本維新の会、足立康史は「森友問題」で分からないことがあれば俺に聞けという趣旨でツイートしている。
しかし、森友問題について市民が軽く質問をすると
あろうことかその市民をブロックした

市民はブロックされたので、国会議員であり国民に対して情報発信すべき存在である足立康史のツイートを見ることができなくなった。

なんちゅうことでしょう。
当初は、森友問題についての報道のあり方や野党を煽っておいて「私に尋ねてください」と強気でいたのに関わらず、いざ事実について質問をされると質問者を遮断して逃亡する国会議員がいるとは。

いやはや。
彼には虚勢という言葉がよく似合う。

彼の態度は、喧嘩の弱い不良と全く同じ構造だ。
「オラオラ~かかってこいよ~」と威勢だけの不良が、ワンパンでやられてすごすごと逃げていく姿に似ている。
本当に、喧嘩の弱い不良は悲しい存在である。

その喧嘩の弱い不良のまわりは森友関係者である

なぜこの人らは森友問題から逃げるんだろうと考えてみる。
足立康史は維新の会、維新の会は大阪、大阪といえば松井一郎、松井一郎と言えば維新の会である。

安倍政権による、日本人の資産である公文書を勝手に改竄した事について、大阪府関連の改竄箇所をまとめてみよう。
また、その時の大阪府知事は松井一郎である。
  • 近畿財務局が府私学課を訪問し、認可の事前審査状況について照会
  • 府私学審において…資料の不足などから継続審議
  • 近畿財務局から府私学課に対して、審査基準について照会
  • 府私学課に認可の状況について照会

など、大阪府による小学校設置「認可適当」私学審の審査状況に関わる記述ゴッソリ改ざんされてしまった。

また、維新の会などの国会議員5人についても改ざんされた。以下がその内容だ。

  • 平沼赳夫(元維新)と中山成彬(元維新)が森友学園で講演会を行っていたことも改竄
  • 杉田水脈(自民)、三木圭恵(維新)、上西小百合(元維新)が学園を訪れていたことも改竄
上西小百合(元維新)は、森友学園の塚本幼稚園など視察し、維新党本部に報告書を送ったことを、自身のツィッター(17年2月17日)に記しているため、改ざん自体、一瞬でバレることなのである。

松井一郎から受け継がれる逃走本能

森友問題が国会で紛糾していたとき、松井一郎が何を言っていたか思い出してみよう。
そして、忘れないようにしてみたい。

松井の発言は以下のようなものだった。
「森友問題は横に置いて、大事な問題の議論を」
「昭恵氏の証人喚問は必要ない」
やはり、思い出してみてもあの男は、森友問題から逃げまくる姿勢であった。
このろくでもない態度は、舎弟(足立康史)にも受け継がれているものだろう。

こうした維新の会のかっこ悪い手口に思いをはせてみると、森友事件の政権担当者であった安倍晋三が死亡してから、光の速さで代表辞任した逃走男が率いていた維新の会という集団は、やはり逃げの姿勢だけは業界ナンバーワンを争い続けてきた悲しき喧嘩の弱い不良の集まりなのであったのだということが、今回の結論となる。

※足立康史のかっこ悪いツイートまだあった。
https://twitter.com/adachiyasushi/status/1546848293002821632?s=20&t=adHo2SccZ5049-qLzszsQw
知らんわけないやろ!笑
シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。