アメリカで逮捕された文鮮明

統一教会は、我が国で1980年代から霊感商法などで大きな社会問題となってきました。

その80年代のこと。

文鮮明はアメリカでも無法をはたらき続け、脱税容疑にて起訴されました。

そして、84年4月に、懲役1年6カ月の実刑判決を受けました。

そして連邦刑務所に収監されていたのです。

そのような違法行為でぶちこまれた人物を、わざわざ釈放してくれと言った人間がいます。

手紙を送ったのは「岸信介」

岸信介は安倍晋三の祖父です。

太平洋戦争ではA級戦犯になぜかならずに済んだ、元内閣総理大臣ですね。

統一教会と随分とベッタリだったと言われています。

韓国の教会本部も複数回訪れています。

日本でも度重なる不法行為を重ねていたはずの統一教会。

統一教会系の団体が集会を開いた際には、名誉会長も務めていました。

この男が、統一教会の教祖が脱税で捕まったら「釈放してくれ」と、アメリカ大統領にまで手紙を出したのです。

手紙の内容はこうです。

 

貴殿のご協力を得て、私は是が非でも、できる限り早く、彼が不当な拘禁から解放されるよう、お願いしたいと思います

https://news.yahoo.co.jp/articles/63487f949cdddd7598bc1373979ab0d52524692c

カルトの教祖を「希少かつ貴重」と呼ぶセンス

しかも、手紙にはこうも記されています。

彼の存在は、現在、そして将来にわたって、希少かつ貴重なもの
いやはや、よくもまぁ、日本で献金被害が多数報告され、家族を相当壊してきた集団の教祖をここまで持ち上げることができたもんです。
それから時が経ちました。
自民党と統一教会の癒着はずっと続いていたようです。
結局、統一教会系団体「天宙平和連合」(UPF)に、安倍はお祝いのビデオメッセージを送ってしまいました。
そして、未だに日本での被害者が多い、統一教会の現教祖を褒め称えていました

山上容疑者はこれを見て、犯行を決意したと供述しています。
韓国カルト団体の教祖の逮捕を、無効化しようとした岸信介
孫もそんなのと協力し続けた挙げ句、怒った日本人に殺害されました。
こんなことを繰り返してはいけませんね。
日本を破壊してきた政治家たちと、その協力団体から、そろそろ日本人も脱するべきではないでしょうかね。
シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。