自民党幹部ですらマイナンバーカード取得してない

さんざん政府は「マイナンバーカード」を作れ作れと言う。

ついに保険証も人質にして、半ば強制性をちらつかせてきている。

しかし・・・・・・

岸田首相の直属の幹部である

・「藤丸敏(ふじまる さとし)」議員(内閣府副大臣)

・「中野英幸(なかの ひでゆき)」議員(内閣府政務官)

(お二人とももちろん自民党

は「マイナンバーカードを申請してなかった」ということがスクープされている。

・内閣府副大臣と政務官、マイナンバーカード未取得(読売新聞)

これは、野党議員が質問したから明らかになったことである。これはグッジョブである。

自分たちが「いらんもの」を日本国民には申請しろと言う自民党

騒ぎになってから、件の自民党議員は、慌てて申請したようだ。

つまり、騒ぎにならなければ自民党議員にとってマイナンバーカードというものは「申請するまでもない不要物だった」ということだ。

普通「自分たちが不要と示しているもの」を他人に取得しろと言う人間がいたら、「何を寝ぼけたことを言ってるんだ」と考えるのが常識的な発想である。

またマイナンバーカードには以下のような問題がある。

  • 多重下請け「情報流出企業」にシステムを丸投げしていること
  • その企業らは自民党に多額献金していること
  • 竹中平蔵のパソナが窓口であること
  • すでに中国にマイナンバーは情報流出していること

この時点で、信用しろという方がジョークなのである。

ここに

  • 自民党議員たちにとっては「いらんもの」を申請しろと言っていること

が付け加えられるというわけだ。

もし、「果てしなく便利なもの」があったとしても、それを運用している側が、利用者の安全性を全く考慮していない場合、その「便利なもの」は廃止されるか他に取って代わられるかである。

今となっては、マイナンバーシステムはその信用性が大きく毀損された状態である。

その状態のまま「様々な個人情報が紐付いた、顔写真付きのカードを申請しろ」のゴリ押しなのである。

正直者がバカをみる世の中はいけない。

シェアはこちらからどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です